スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイニングポスト8 2015 プレイ日記 1992年春競馬

・イクノディクタス

アメリカジョッキークラブCは1番人気で3着でしたが、中山記念、阪神牝馬ステークスを勝利。ヴィクトリアマイルはダイイチルビーの2着でしたが、宝塚記念では1番人気に支持されて勝ちました。


・アイノコトダマ

フェブラリーステークスは2番人気で2着でしたが、かしわ記念は1番人気で勝利、前年の雪辱を果たしました。


・ドアラ

阪急杯は勝利したのですが高松宮記念は4着。京王杯SCを逃げ切ると安田記念では強豪を抑え勝利しました。


・ハシルショウグン

アルデバランステークスを勝つと、マーチステークスとアンタレスステークスと重賞連勝。帝王賞に挑戦しましたが7着でした。


・トップガンエリー イソノルーブル

トップガンエリーはマーメイドステークス、イソノルーブルは中山牝馬ステークスを勝利しました。


・ライスシャワー

京成杯で重賞初制覇。弥生賞でミホノブルボンの3着でしたが、皐月賞では3着、日本ダービーは2着でいずれもミホノブルボンに敗れました。


・セキテイリュウオー


共同通信杯で重賞初制覇。スプリングステークス5着、皐月賞2着の後のNHKマイルカップはニシノフラワーを押さえて優勝しました。


・ブライトネーム

500万条件でなかなか好走することは無かったのですが、6月にようやく2勝目を挙げました。


2歳馬ではビワハヤヒデとホクトベガがスタンバイ。リヴリアとヤマノシラギクの仔はスムースアンサーと自動で付けました。


4月に生まれた幼駒ではブライアンズタイム×フューチャワールド、サンデーサイレンス×サトウアリサの仔が印が良かったです。


追記  西村里咲さんと結婚しました。
関連記事
スポンサーサイト

ウイニングポスト8 2015 序盤攻略 1987年


サクラユタカオーは距離適性の関係から春はアジアマイルチャレンジに挑戦させます。秋は天皇賞秋→マイルCS→香港カップのようなローテーションを。


マウントニゾンは天皇賞春の後は海外長距離GⅠを中心に。ゴールドカップ、カドラン賞、メルボルンカップなどのレースに挑戦を。


カウンテスアップ、フェートノーザン、グレートローマンは引き続きダート路線で使い分けて賞金を稼ぎましょう。カウンテス、フェートは手薄の海外GⅠでも好勝負出来そうです。


コーセイはマックスビューティがいるので少し厳しいかもしれません。ホクトヘリオスは春はNHKマイルカップを最大目標に。秋は古馬短距離GⅠでも好勝負しそうで、年末の香港マイルを勝つ力はあります。


当歳セールではイクノディクタスが上場されていると思うので購入。タフネス・夏馬持ちで牝馬重賞だけでなくサマー2000シリーズ優勝も狙えます。


史実馬を何頭か所有していれば馬主ランキングでも上位にランクされ、優秀馬主賞を受賞することが出来ます。また牧場では生産の方にも力を入れ、資金が多くなれば施設拡張もしていきたいです。


特に種牡馬施設は所有馬を自分の牧場で繁養することができて種付けの収入も入りますし、自身の種付けの時に爆発力のアップを望むことが出来ます。
関連記事

ウイニングポスト8 2015 プレイ日記1991秋競馬

・スーパークリーク

キングジョージに挑戦しゴール前まで粘りましたが5着。帰国後天皇賞秋は4着と敗れましたが続くジャパンカップを勝利。引退レースとなった有馬記念はメジロマックイーンの3着でした。


・アイノコトダマ

マイルCS南部杯を連覇すると、続くJBCスプリントも勝利しました。


・イクノディクタス

小倉記念3着、新潟記念2着と勝ちきれなかったのですが府中牝馬ステークスを勝利。エリザベス女王杯はゴール前で交わされ2着でした。


・トップガンエリー

札幌記念、オールカマー、エリザベス女王杯は着外でしたが、ターコイズステークスを勝利して1年3ヶ月ぶりに勝利しました。


・ドアラ

セントウルステークス5着→スプリンターズステークス2着→マイルCS4着でしたが、年末の阪神カップに勝利しました。


・イソノルーブル

ローズステークスは2着でしたが、秋華賞で悲願のGⅠ制覇。エリザベス女王杯は6着でした。


・ハシルショウグン

夏は休養しましたが1000万条件と準オープンを連勝してオープン入りしました。


2歳馬ではライスシャワーとセキテイリュウオーが新馬と500万を連勝。ブライトネームは新馬勝ちのあとは少し苦戦しています。


年末の表彰ではスーパークリークが最優秀古馬牡馬、イソノルーブルが最優秀3歳牝馬を受賞してスーパークリークが年度代表馬に選出されました。


1歳馬ではビワハヤヒデ、ヤマノシラギクの仔とお守りで救済ホクトベガを購入しました。またワキアも購入しました。
関連記事

2周目以降の序盤攻略 1983年


ブロケードはこの年も何とか活躍してくれます。ローテーションは昨年と一緒で海外GⅠと国内GⅠを併用しながら使っていくのが良いです。ただ秋はニホンピロウイナーと重なることになります。


ニホンピロウイナーは3歳から海外GⅠを勝つ力を十分に持っています。NHKマイルカップを確実に勝つのも良いですが、欧州2000ギニーでも勝ち負けになります。秋も欧米のGⅠに挑戦も。


2歳馬ではビゼンニシキで朝日杯FS勝利を目指します。その他ではスズパレードでも勝負になるかもしれません。トーアファルコンは距離が微妙が長いので賞金稼ぎに。


ダイアナソロンでは阪神JF勝利を狙いますが、勝てなかったら翌年のクラシックを視野に。シンボリルドルフはホープフルステークスを勝つなどして早めにクラシックに備えましょう。カウンテスアップは全日本2歳優駿に。


1歳馬はミホシンザン(金)、エルプス(銅)、スクラムダイナ(銅)などを購入。アンジェリカを所有してないならサクラユタカオー(銀)も。

またこの年の3月までにチヨダマサコ(ニッポーテイオーの母)、メジロヒリュウ(メジロラモーヌの母)、アメリカンノーザン(フェートノーザンの母)などの繁殖牝馬を購入すれば自家生産扱いに。


牧場拡張は繁殖牝馬を増やすための厩舎拡張や種牡馬繁用施設拡張が良いでしょう。

関連記事

ウイニングポスト8 2015 プレイ日記 1991年春競馬


・スーパークリーク

阪神大賞典は4着に敗れましたが、天皇賞春は3度目の挑戦にして初制覇。これで盾秋春制覇となりました。続く宝塚記念も勝利してキングジョージに挑戦します。


・アイノコトダマ

川崎記念、フェブラリーステークスは惨敗。マーチステークスは3着でかしわ記念は4着でした。


・イクノディクタス

京都記念は2着でしたが、阪神牝馬ステークスは勝利。ヴィクトリアマイルは期待されましたが、なんか架空馬に負けて2着でした。安田記念は惨敗でした。


・トップガンエリー

中山牝馬ステークスは調子が上がらず7着と敗れ、ヴィクトリアマイルも4着でした。


・ドアラ(自家生産馬)

セントポーリア賞→アーリントンカップ→ニュージーランドTをすべて勝ち、NHKマイルカップは1番人気で逃げ切りました。6月にはセントジェイムズパレスSに遠征しましたが6着と初の敗戦となりました。


・イソノルーブル

エルフィンステークスを勝つとフィリーズレビューは2着。桜花賞は8番人気の評価でしたが架空馬に敗れて2着でした。続くオークスは逃げれず架空馬2頭に先着を許しました。


・ハシルショウグン

2月の新馬戦で勝利すると、しばらくは勝ちきれませんでしたが、6月4週目にようやく2勝目を挙げました。


今年の2歳馬ですがセリでセキテイリュウオーを購入、また救済として銀の札でライスシャワーを購入。またサーペンフロ×アイランドゴッテスの自家生産馬は自動命名機能を使ってブライトネームと名づけました。


4月の幼駒誕生ではナリタブライアンが生まれ、また自家生産では秋華賞馬のフィーチャワールドの仔(父キンググローリアス)が良い印が付きました。


IMG_0381@.png
↑ナリタブライアンはこんな感じです。
関連記事

2周目以降の序盤攻略

今回はデータ引継ぎでの2周目以降の進め方について書きたいと思います。他のウイポのサイトにも2周目以降の進め方は書いてあると思うので大体重複するかと思います。


データは資金が100億、各種お守りが10個以上所持した場合を想定しています。


1980年度の幼駒セリではニホンピロウイナーを購入。国内、海外短距離GⅠを数多く勝つことができます。後にシンボリルドルフを購入することを考えれば、ミスターシービーよりもルドルフかと。


・1982年

現役譲与馬はブロケードが良いです。アンバーシャダイを私は所有してみたのですが、なかなか勝つことが出来ませんでした。ブロケードは海外GⅠを勝つ能力は十分にあり、海外短距離GⅠと国内短距離GⅠを併用していきましょう。


1歳馬購入では以下の馬を購入

シンボリルドルフ(金)

ビゼンニシキ(銀)

スズパレード(銀)

カウンテスアップ(銅)

ダイアナソロン(銅)

トウカイローマン(銅)

ロッキータイガー(銅)

グレートローマン(赤)

トーアファルコン(赤)

ホッカイペガサス(赤)


また3月5週までにナポリジョオー(ミホシンザンの母)、アンジェリカ(サクラユタカオーの母)などを購入すると産駒は自家生産扱いになるので優秀生産賞を早く取ることができます。
関連記事

ウイニングポスト8 2015 序盤攻略 1986年


この年は引き続きカウンテスアップでダート重賞を勝ちまくり賞金とお守りを増やしていきましょう。チャンスがあれば海外遠征も。その穴を埋める形でグレートローマンを使い分けていきます。


ヤマノシラギクはこの年もポテンシャルをキープできると思います。引き続き牝馬GⅠなどを目標に牡馬混合の重賞の出走も。


サクラユタカオーは春シーズンはなかなか国内で走るレースが少ないのですが、アジアマイルチャレンジを視野にいれ、秋は天皇賞秋やマイルチャンピオンシップを目標に。ミホシンザンやニッポーテイオーが強敵です。


フェートノーザンはジャパンダートダービーをまず目標に。秋は交流GⅠは賞金と所有馬の兼ね合いがありますが、チャンピオンズカップを視野にローテーションを。


マウントニゾンはオープン入りするまでは時間がかかることもありますが、菊花賞を勝てるレベルにあります。菊花賞を意識した使い方を。


この年になると賞金ランキングでも上位にランク出来るはずです。優秀馬主賞を獲得しつつ、牧場の方で自家製産のほうも力を入れると良いです。
関連記事

ウイニングポスト8 2015 プレイ日記 1990年秋競馬

・ナルシスノワール

セントウルステークスを勝つと、スプリンターズステークスも勝利して春秋スプリントGⅠ制覇を成し遂げました。さらにマイルCSも勝利。年末最後の香港スプリントは7着でした。この年限りで引退。

IMG_0374@.png


・スーパークリーク

秋初戦のオールカマーを勝利すると、天皇賞秋はオグリキャップを押さえて優勝。ジャパンカップ、有馬記念共に3着。


・アイノコトダマ

プロキオンステークス、エルムステークスは勝ちきれませんでしたが、マイルCS南部杯で交流GⅠ制覇。チャンピオンズカップは7着でした。


・サトウアリサ

アイルランドオークスに挑戦しましたが7着。秋華賞、エリザベス女王杯でも掲示板に載るのがやっとで年末には衰えたコメント。


・トップガンエリー

紫苑ステークスに勝利しましたが、秋華賞は7着。エリザベス女王杯では3着でした。


・イクノディクタス

サマー2000チャンピオンを狙いましたが小倉記念は惨敗。新潟記念を勝つと秋華賞1番人気で11着と大敗。しかしエリザベス女王杯では一変しての勝利。


・イソノルーブル、ドアラ

共に新馬戦を勝利。イソノルーブルは2戦目の千両賞では3着でした。


繁殖牝馬を多少入れ替え。ヤマノシラギクなど2頭を売却して、種牡馬因子が4つあったダイナサッシュをセリで購入しました。また1歳馬ではライスシャワーを購入しました。


馬主ランキングでは87、88、89シーズンはカウンテスアップやホクトヘリオスの活躍で2位になりましたが、90年は9位で終了でした。


関連記事

ウイニングポスト8 2015 プレイ日記 1990年春競馬


・スーパークリーク

今年以降はこの馬に期待ですが、日経賞を勝利。続く史実では勝った天皇賞春でしたがスルーオダイナに敗れて3着。宝塚記念は4着でした。


・ナルシスノワール

阪急杯を勝つと、続く高松宮記念では1番人気に支持され勝利。GⅠ初制覇となりました。安田記念はオグリキャップの4着。


・アイノコトダマ

高知の黒船賞に勝利すると、続くかしわ記念は2着でした。


・サトウアリサ

最優秀2歳牝馬を受賞。初戦のチューリップ賞を勝利すると、1番人気の桜花賞は馬群に揉まれて11着と大敗。オークスもかなり後方からの競馬で追い込んだのですが2着。


・トップガンエリー

4月のデイジー賞で500万を卒業すると、スイートピーステークスに勝利。そしてオークスはサトウアリサを押さえて優勝しました。ただゴール前でサトウアリサにケツアタックされて勝ったような競馬でした。


・イクノディクタス

紅梅ステークス、フィリーズレビューを勝利して桜花賞に臨んだのですが3着。NHKマイルカップでは1番人気も3着でした。


2歳馬ですが、史実馬ではハシルショウグン、イソノルーブルがスタンバイ。メンデス×アンジェリカの自家生産馬はドアラ(管理人はドラゴンズファンではないですが・・・)と名づけました。


また年末にパシフィカスを購入したので4月にはビワハヤヒデが誕生しました。そして5月の種付けにはブライアンズタイムを配合。繁殖牝馬も少し入れ替える予定です。
関連記事

ウイニングポスト8 2015 序盤攻略 1985年


この先数年軸となるカウンテスアップで使えれば川崎記念。フェブラリーステークスは適性距離よりも短いですが普通に勝つことが出来ます。フェブラリーを勝てばドバイワールドカップの推薦。ワールドカップでも難易度次第ですが好走することが出来ます。


帰国後は帝王賞を使っても良いですが、アメリカダートGⅠでもメンバー次第では勝つこともできます。秋はチャンピオンズカップを最大目標に。


グレートローマンはカウンテスアップと使い分けて賞金を稼ぎます。かしわ記念やマイルCS南部杯を勝つ能力はあります。


ヤマノシラギクは前年と同じように牝馬重賞やGⅡレースなどを使い、ヴィクトリアマイル、エリザベス女王杯を目標に使っていきましょう。トーアファルコンは1200~1400路線を。


サクラユタカオーは成長が遅めで、ライバルも強力なのでGⅠはキツイかと思いますが、重賞を勝って確実に賞金を稼ぎましょう。


当歳の幼駒セールでスーパークリークが上場されるので競って落札してください。余裕があればシヨノロマンも


この年までに短距離路線で活躍できるホクトヘリオスを銅のお守りで、赤のお守りで適性が万能のダイナレターを。余裕があればステイヤーのスルーナダイナも。
関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
ウイニングポスト8 2015のことについて書いています。ゲームの内容やプレイ情報などを書きます。

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

フリーエリア

キネマ旬報ベストテン

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。