スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイ日記2001年上半期


さあ、ゲーム内でも21世紀に突入しました。まずは2001年上半期の主な成績から


・アグネスデジタル

フェブラリーステークス、ドバイWC,、安田記念優勝


・エアシャカール

宝塚記念優勝

天皇賞春2着


・クロフネ

UAEダービー優勝


・ゴールデンガール

中山牝馬ステークス優勝


・マリンアマゾン

大阪杯優勝

宝塚記念2着


・ゴールドブライアン

青葉賞優勝


・マナツノカジツ 

日経賞優勝



アグネスデジタル強いです。4歳半ばでGⅠは7勝挙げています。クロフネはケンタッキーダービーに挑戦しましたが、4着でした。エアシャカールが宝塚を制したのは少し意外。


また今年の2歳馬はこの4頭です

・シンボリクリスエス

・ファインモーション

・ゴロウマル(アンブライドルド×アリササンデー自家生産 日本代表ラグビー選手から)

・イシカワレン(ブライアンズタイム×ヒシアマゾン自家生産 モデルの名前から)


5月の種付け前にはウインドインハーヘアを購入。サンデーサイレンスをつけてディープインパクトを生産します。またホクトベガにはサイレンススズカを種付け。


厩舎を拡大して、繁殖牝馬を20頭まで増やすことが出来るようになりました。あまり多く増やすぎると大変なのでそこそこの数で。下半期ではアグネスデジタルはBCクラシック連覇を目指します。
関連記事
スポンサーサイト

ウイニングポストの初期配合の選び方


個人的な自家生産のやり方や、配合理論?などを今回は書きたいと思います。


まずは大種牡馬因子、名種牡馬因子が血統内に多い繁殖牝馬を購入します。また2世代前の4系統の親系統がそれぞれ異なる系統であることも条件で、これにより爆発力が高まります。


系統ですが、ノーザンダンサー系、ミスタープロスペクター系、ニジンスキー系、リファール系などの世界的に主流な血統を繁殖にすることも良いと思いますが、そればかり選んでいると、血が偏ってしまい、代重ねがし辛くなります。ノーザンダンサーの血を持つ馬は現実でも多いので注意しましょう。


まずゲーム開始時に当歳馬を選べると思うのですが、ノーザンテーストやマルゼンスキーの牝馬を選んで、引退後は繁殖に上げる事を個人的にはやっています。購入した馬はそれなりに現役時代に走れると思います。


その他では海外トレーニングセールでニジンスキー、リファール、ミスタープロスペクターなどの産駒を購入して、引退後は繁殖に上げるのも良いと思います。ここでも種牡馬因子が多い牝馬を重視していくのが良いです。


90年代に入ると、サンデーサイレンス、ブライアンズタイム、トニービンなどをそれらの繁殖牝馬に種付けすると、活躍する馬が生まれやすいのではないかと思います。ただ21世紀以降は現実と同じサンデーサイレンス飽和状態になると思うので、そのあたりは注意しましょう。


80年代はノーザンダンサーの血を持たない牝馬を購入して、それにノーザンテーストやマルゼンスキーを種付けして、牝馬が出来れば繁殖入りして90年代に活躍した種牡馬(サンデーやブライアンズタイム)に種付けするなどの代重ねをしても良いと思います。


このあたりはやはり血が偏らないようにすることが重要だと思いますが、現実に走った馬の配合なども参考にしても良いのかと思います。
関連記事

プレイ日記 2000年下半期


ゲームでの時代は20世紀の終わりを迎えています。アグネスデジタルの快挙もあった上半期から下半期へと移っていきます。まずは2000年の下半期の主な成績から


・アグネスデジタル

BCクラシック 優勝

チャンピオンズカップ 2着

年度代表馬、最優秀3歳牡馬、最優秀ダート馬獲得


・サイレンススズカ

天皇賞秋 優勝

香港カップ 2着


・グラスワンダー

オールカマー 優勝

ジャパンカップ 3着

最優秀4歳以上牡馬獲得


・エアシャカール

神戸新聞杯 菊花賞 優勝


・イノセントワールド

毎日王冠 マイルチャンピオンシップ 優勝


・ゴールデンガール

ターコイズステークス 優勝


・マリンアマゾン

セントライト記念 金鯱賞 優勝


・クロフネ

デイリー杯2歳ステークス 優勝

朝日杯FS 2着



アグネスデジタルがBCクラシックを勝利しました。ケンタッキーダービーを勝利したので参戦を決めたのですが、1番人気に支持されての勝利。ただチャンピオンズカップは2着という結果でした。


エアシャカールはようやく最後の1冠を勝利することが出来ました。ただ同世代のアグネスフライトはダービーと有馬記念を勝利。


グラスワンダーは早めの成長なので5歳秋は少し衰えが見えていたと思います。サイレンススズカは天皇書秋3連覇。イノセントワールドは7歳にしてGⅠ初制覇でした。


年末の海外セリでシンボリクリスエスとファインモーションを購入しました。2頭合計で20億近くはしましたが・・・。


2001年度はアグネスデジタルはフェブラリーステークスから始動して、ドバイワールドカップを目指します。またクロフネはUAEダービーの結果次第ではアメリカクラシックへの挑戦。この2頭が主力となりそうです。
関連記事

プレイ日記2000年上半期


今回のストーリーデータも2000年に突入しました。まずは2000年上半期の主な成績から


・サイレンススズカ

中山記念、クイーンエリザベスⅡ世カップ 優勝

ドバイデューティーフリー2着 宝塚記念3着


・グラスワンダー

日経賞、京王杯SC、安田記念、宝塚記念 優勝


・アグネスデジタル

UAEダービー、ケンタッキーダービー、プリークネスステークス 優勝


・アドマイヤベガ

産経大阪杯 優勝

イスパーン賞 2着


・ゴールデンガール

阪神牝馬ステークス 優勝

ヴィクトリアマイル 3着


・エアシャカール

日本ダービー 2着



まずサプライズ?なのはアグネスデジタルがアメリカクラシックを勝ったことです。UAEダービーではフサイチペガサスに勝利し、ケンタッキーダービー、プリークネスステークスも勝利してアメリカ2冠を達成しました。ベルモントステークスは距離適性が2000メートルまでなので13着に敗れました。


3歳クラシック勢は苦戦傾向。エアシャカールは新馬、萩ステークスを連勝したのですが、重賞すら勝てません。ダービーではアグネスフライトに敗れました。自家生産のマリンアマゾンは春2冠とも4着。マナツノカジツは若葉ステークスを勝ちましたが、ダービーでは5着でした。


サイレンススズカ、グラスワンダーといったあたりは現役を続行。グラスワンダーは早めの成長ながら春は4連勝でした。サイレンススズカも6歳になっても頑張っています。



2歳馬はクロフネと自家生産馬の2頭だけですが、自家生産馬はナリタブライアンの産駒です。ゴールドブライアンと取りあえず付けましたが、さっそく新馬勝ち。適性はクラシックですが、レベルの高い世代相手にどこまでやれるか。


これからの予定ですが、アグネスデジタルはブリーダーズカップクラシックを目標にしています。米国2冠を獲得した馬なので、所有した時には積極的に海外に挑戦させても良いと思います。
関連記事

プレイ日記1999年下半期


久々の更新となりますが、まずは1999年下半期の主な成績です。


・スペシャルウィーク

キングジョージ、有馬記念 優勝 

天皇賞秋、ジャパンカップ2着


・グラスワンダー

バーデン大賞、BCターフ 優勝

有馬記念2着


・エルコンドルパサー

ジャパンカップ 優勝

バーデン大賞、愛チャンピオンステークス、凱旋門賞2着


・サイレンススズカ

天皇賞秋 優勝


・アドマイヤベガ

神戸新聞杯 優勝

アイルランドダービー、英チャンピオンステークス2着


・イノセントワールド

オールカマー 金鯱賞 優勝


・アグネスデジタル

全日本2歳優駿 優勝


年度代表馬、最優秀古馬牡馬 スペシャルウィーク

最優秀3歳牡馬 アドマイヤベガ

最優秀馬主獲得


ジャパンカップではスペシャルウィーク、グラスワンダー、エルコンドルパサー、サイレンススズカの4頭出しで臨みました。結果はヨーロッパ遠征で2着が続いたエルコンドルパサーが優勝しました。サイレンスズカは距離適性の問題があり7着。


有馬記念では4歳3強を出走させてみましたが、現実とは逆にスペシャルウィークが勝利しました。グラスが2着でエルコンドルが3着でした。


スペシャルウィーク、エルコンドルパサーはこの年限りで引退しました。エルコンドルパサーは〇がついていない万能ということで、勝ち切るレースが多くありませんでした。通算19戦9勝。GⅠは3勝どまりでした。


スペシャルウィークは2年連続年度代表馬に選ばれるなど通算18戦12勝、うちGⅠは7勝でした。


グラスワンダー、サイレンススズカは現役続行で2000年代に突入。年末のセールでクロフネを購入しました。3歳馬ではエアシャカールのクラシック、アグネスデジタルはUAEダービーに登録しています。
関連記事

ウイニングポスト8 2016の発売が決定


お久しぶりです。もう知っている方も多いと思うのですが、来年、ウイニングポスト8 2016の発売が発表されました。次回作のまず特徴と言えば、プレイステーション4でも発売されるようです。(PS3 PSvita PC版も発売)


ファミ通.comではプロデューサーの山口英久氏のインタビューも載っています。

http://www.famitsu.com/news/201510/11090113.html


PS4で発売されると言うことで、私もそのPS4版を買えればと思います。2016年年内の発売が予定されているようですが、そのゲームのことについても書ければと思います。
関連記事

プロフィール

Author:トップガン
ウイニングポスト8 2015のことについて書いています。ゲームの内容やプレイ情報などを書きます。

スポンサードリンク

ランキングに参加しています

フリーエリア

キネマ旬報ベストテン

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。